Blog

サイト運用

2018.06.06

【初心者向け】ウェブ解析ツール「Googleアナリティクス」の基本用語10選

無料で使えるウェブ解析ツールである「Googleアナリティクス」。

 

このツールをウェブサイトに導入することで、サイトに訪れたユーザー数やユーザーの行動、または訪問経路などを知ることができます。

しかし、用語を正確に理解していないと、現状のサイトの状況や課題を正確に特定することができません。

 

今回はGoogleアナリティクスを始めたばかりの初心者さん向けに、覚えておくべき基本用語を紹介します。

 

 

分析指標編

◆セッション: ユーザーがサイトを訪問してからの一連の行動を集計したもの。

 

◆ページ/セッション: 1つのセッション(訪問)の間に表示されたページの数(同じページが表示されても集計される)。

 

◆ページビュー数: そのページが閲覧された数を集計した数値。

 

◆直帰率: サイトに訪問してくれたユーザーが、そのまま別のページを見ずに帰ってしまった割合。

 

◆平均セッション時間: 1つのセッション(訪問)の間にユーザーが滞在していた時間。

 

◆コンバージョン(CV): 「目標達成」や「成約」といった意味で使われる。

 

◆コンバージョン率(CVR): コンバージョン数をセッション数で割った数値。

 

 

チャネル編

◆自然検索(オーガニック): 検索サイト(googleやyahoo!など)からの流入のこと。

 

◆ダイレクト: URLの直接入力や、ブラウザーのお気に入りなどからの流入。

 

◆リファラル: 他サイトからの流入。

 

 

まとめ

Googleアナリティクスをうまく活用すれば、コンバージョン(目標)を設定し、「ホームページがどのくらい目標を達成しているか」を可視化することができるようになります。

 

まずはご紹介した用語を足がかりに、そのほかの用語へと理解を拡げていきましょう。

 

 

一覧へ戻る

Contact

あなたのWebサイトの相談相手でありたい。
株式会社MJEは起業・店舗の成長をサポートするサービスカンパニーです。

0120-925-549営業時間 9:30~18:00